眠れなくなる原因は? | 眠れない夜には睡眠薬「ルネスタ」!ジェネリックもあるよ!

眠れなくなる原因は?

夜寝れないというのはとても辛いですよね。身体は疲れているはずなのに、眠気だってあるのに、でも寝れない…。たしかにルネスタなどの睡眠薬を利用すれば眠れるようにもなるでしょうが、そもそもなぜ寝不足に陥ってしまうのでしょうか?そんな疑問についてお答えします。

不眠と不眠症という言葉がありますが、じつはこれは同義ではありません。入眠障害や熟睡障害、もしくは早朝覚醒のいずれかがあり、週に2回以上不眠の訴えがありなおかつその症状が1カ月以上続いていて、そのせいで苦痛を感じている、仕事に影響が出ているという状態が「不眠症」といわれているもので、これらの条件をひとつだけ満たしている状態が「不眠」です。
眠れたけど何かの拍子に目覚めてしまってからというもの眠れなくなった、時々寝付けないというのは不眠症では無く不眠です。寝不足とはまたべつなの?という疑問もあるかもしれませんが、寝不足には定義はありません。まあ不眠にしろ不眠症にしろ寝れないものは寝不足ですよね。

原因としては環境、心、身体、生活習慣に問題があるとされています。枕が変わると寝れないーという話がありますが、あれは環境です。眩しいとか人ががやがやしてる中眠れだと!というのも環境が影響している寝不足。怪我などの痛み、ストレスによるイライラというのも原因ですし、近年ではスマホによるブルーライトもまた原因だとされています。強すぎる光のブルーライトによって覚醒してしまうのが理由です。