通販でキウォフハートをゲットするときは

愛犬のイメージ すでに軽く触れていますが、キウォフハートにはイベルメクチンとピランテルが配合されています。

どちらも知名度の高い成分ですが、どのような仕組みで効果を発揮するのかまではご存知ない飼い主さんがほとんどかと思います。

医薬品に使われている成分には、どういったものにも効果と副作用の両方が存在しています。

イベルメクチンとピランテルも例外ではなく、効果と副作用をよく知らないまま愛犬に投与すると、体に大きな負担がかかったり副作用で健康面へ悪影響を与えてしまったりするおそれがあります。

 

現在のフィラリア予防薬は、どれも安全性が高い成分が使われています。

しかし、飼い主さんの使い方1つで安全性が低くなってしまうおそれもあるので、キウォフハートを使うときは有効成分について知っておくべきです。

通販によってはキウォフハートの商品ページに詳細が書かれていますが、全ての通販がそうというわけではありませんので、事前に一度調べておくのがいいでしょう。

インターネットで検索したり、通販に掲載されている情報をチェックしたりして、キウォフハートの成分やその効果、副作用について詳しく知っておきましょう。

 

通販のキウォフハートの有効成分は2つ

何度も繰り返すようになってしまいますが、キウォフハートに含まれている有効成分は2つです。

イベルメクチンは主にフィラリア、ピランテルは内部寄生虫に有効なので、キウォフハートを投与すると一度にこれらの寄生虫を駆除できます。

フィラリア予防薬と寄生虫駆除薬を個別に投与する必要がなくなるため、愛犬に投与する薬の量を減らしながら最大限の予防効果を得られます。

できるだけ愛犬への負担を軽くしながら、予防効果を得られるのがこの成分の大きな魅力です。

イベルメクチンが効果を発揮する仕組みは?

イベルメクチンは、マクロライド類という種類に分類されている医薬品の成分です。

古くからフィラリア予防薬に使われており、糞線虫やヒゼンダニなどさまざまな寄生虫を駆除する効果があります。

人間の医薬品にも使われるほど安全性が高いので、あまり聞いたことがない成分よりも安心して投与できます。

 

イベルメクチンには、対象となる寄生虫の神経に作用するという特徴があります。

フィラリアの幼虫の神経および筋細胞における神経伝達物質が通る場所に結びつき、神経伝達が正常に行われない状態にします。

この作用によって麻痺を引き起こし、筋肉中や皮下組織中に潜んでいるフィラリアの幼虫を駆除します。

フィラリアの幼虫が成虫になる前に駆除することで、フィラリア症を予防するのがイベルメクチンの特徴です。

非常に優れた駆除効果を持っていますが、一部の犬種は生まれつきイベルメクチンとの相性が悪いので、少々注意が必要な面もあります。

ピランテルが発揮する効果とその仕組み

愛犬のイメージもう1つの有効成分であるピランテルは、すでに触れているように内部寄生虫へ高い効果を発揮します。

一口に内部寄生虫といってもたくさんの種類がありますが、ピランテルが効果を発揮するのは回虫と鈎虫、鞭虫の3種類です。

回虫や鈎虫、鞭虫は犬に寄生する寄生虫のうち、感染する可能性が高い代表的なものです。

愛犬と暮らす中で遭遇する可能性が高い内部寄生虫を駆除、予防することが可能です。

 

ピランテルもイベルメクチンと似たような仕組みになっており、内部寄生虫の神経中枢へ作用するように作られています。

内部寄生虫の筋肉を持続的に興奮させることで、回虫や鈎虫、鞭虫に痙攣性麻痺を引き起こします。

これにより、対象となる内部寄生虫が腸壁に引っかかれないようにして体外へ排出し、駆除します。

妊娠中の動物にも投与できるほど安全性が高く、消化管からはほとんど吸収されないので愛犬に影響を与えてしまう心配がほとんどありません。

少ない負担で高い駆除効果を得られるため、できるだけ愛犬に負担をかけずに予防効果を得られます。

 

通販のキウォフハートには飲み合わせが悪い薬がある

安心して服用できるキウォフハートですが、飲み合わせが悪い医薬品が一部あります。

飲み合わせが悪い医薬品とキウォフハートを一緒に与えると、愛犬の体調に大きな悪影響を与えてしまいます。

医薬品の相乗効果によって、望んでいない効果が発揮されるパターンも考えられます。

そのため、キウォフハートに配合されている成分の効果だけでなく、飲み合わせの悪い医薬品は何があるか知っておくのも重要です。

 

キウォフハートと飲み合わせが悪い医薬品は、ピペラジンという成分を含んだものがあります。

ピペラジンも駆虫成分の1種で、キウォフハートと一緒に投与するとピペラジンとキウォフハートの成分が拮抗してしまいます。

お互いの効果を打ち消し合ってしまい、フィラリアや寄生虫を駆除することができなくなってしまいます。

キウォフハートを投与する意味がなくなってしまうので、ピペラジンとキウォフハートを一緒に投与しないよう注意しましょう。

 

また、他のフィラリア予防薬と併用すると、配合されている成分の効果が重なって副作用があらわれやすくなってしまいます。

愛犬の体に余計な負担をかけてしまうので、異なるフィラリア予防薬とキウォフハートを併用しないようにしてください。

この他にも飲み合わせが悪い医薬品が存在している可能性があるので、すでに何らかの医薬品を投与している場合は一度かかりつけの獣医師へご相談ください。

 

通販のキウォフハートにある副作用は?

キウォフハートは、主な副作用として吐き気や嘔吐が報告されています。

他のフィラリア予防薬でもあらわれる可能性がある症状なので、キウォフハートを投与するときはこういった副作用に気を付けましょう。

ほかにもうつや無気力、食欲不振、下痢や瞳孔散大、運動失調などの症状が報告されています。

よろめきや痙攣、唾液分泌過多などもみられることがあるため、該当する症状やそれ以外に副作用と思われる症状がみられたときは獣医師の診察を受けましょう。

 

また、キウォフハートはフィラリアに感染した犬に投与すると重篤な副作用を引き起こします。

体内で一度に大量のフィラリアの幼虫が死滅することで、血管に死骸が詰まったりショック症状が引き起こされたりするおそれがあります。

特に注意が必要なのがショック症状で、場合によっては命に関わるような事態に陥る危険性もあります。

キウォフハートで愛犬のフィラリア症を予防するときは、事前にフィラリア症にかかっていないか検査をし、フィラリアに感染していないことを明らかにしておきましょう。

 

効果と副作用を確認して通販のキウォフハートを使おう

愛犬のイメージキウォフハートには、イベルメクチンとピランテルという安全性の高い成分が含まれています。

愛犬の体にあまり悪影響を与えずに、フィラリアと回虫、鈎虫、鞭虫を駆除することで、フィラリア症やこれらの内部寄生虫による症状を予防します。

愛犬の体内をクリーンな状態に保つことができますが、副作用も報告されているので投与する際は十分な注意が必要です。

重篤な副作用に繋がってしまうおそれもあるので、愛犬がフィラリアに感染していないことを事前に明らかにしておく必要があります。

 

通販を利用する場合、これらの情報を獣医師から説明してもらえないので飼い主さんが事前に調べておくべきといえます。

キウォフハートに配合されている成分やその効果、副作用を正しく把握したうえで、通販で購入手続きをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました