通販で買えるキウォフハートは愛犬のためにも必要

愛犬のイメージ 日本で愛犬と暮らしていくにあたって、フィラリア症の予防は必ず行わなくてはなりません。

フィラリア症の予防は、愛犬と楽しい日々を過ごすために必要不可欠なことであり、犬を飼うときの常識ともいえます。

しかし、最近ではこういった意見にも変化がみられており、フィラリア症の予防は日本では必要ないという主張をする方も増えてきています。

このような意見はインターネットで特に多く、そういった情報を見てフィラリア症の予防にあまり力を入れなくなってしまった飼い主さんも多くなっています。

 

フィラリア症の予防は必要ないとする意見では、フィラリア予防薬は愛犬にとって毒であるかのように語っています。

また、毒とまではいかなくても、獣医師はフィラリア予防薬で金儲けをしていると主張しているものもあります。

こういった過激な意見を目にしてしまうと、愛犬にキウォフハートをはじめとしたフィラリア予防薬を投与してもいいのか不安になってしまう飼い主さんもいらっしゃるかと思います。

 

気になるフィラリア予防薬の必要性ですが、フィラリア予防薬の投与は愛犬のためにも必要です。

温暖な気候で蚊が多い日本では、フィラリア症に感染する可能性が高く、一度感染したら愛犬の命と健康に大きな悪影響を与えてしまいます。

そのため、愛犬に定期的にフィラリア予防薬を投与して、しっかりとフィラリア症を予防しなくてはなりません。

現在は通販を利用すれば、わざわざ動物病院まで行かなくてもフィラリア予防薬を購入できるので愛犬のフィラリア予防そのものも続けやすくなっています。

キウォフハートのように安く手に入れられるものも登場しているので、過激な意見に惑わされず、愛犬のためにもしっかりとフィラリア予防を行いましょう。

 

通販のキウォフハートによる予防は必要

フィラリア症の予防をしなくていいと主張する意見の中には、日本のフィラリア症は根絶されているといったものがあります。

確かに、現在の日本ではフィラリア症に感染した犬の話をほとんど耳にしなくなりました。

インターネットでもそのような話を目にする確率は低いので、日本ではフィラリア症にかかった犬はいないと思ってしまうかもしれません。

しかし、これは大きな勘違いで、フィラリア予防薬が浸透した現在でもフィラリア症にかかる可能性は十分あります。

日本でフィラリア症が少ないのは予防をしっかりしているから

愛犬のイメージ日本でフィラリア症にかかる確率が減ったのは、フィラリア予防薬の浸透が理由にあります。

フィラリア予防薬が浸透していない昔の日本では、愛犬をフィラリア症から確実に守る方法がなかったため、フィラリア症にかかって命を落としてしまう犬がとても多くいました。

しかし、時代の流れとともにペット用の医薬品の研究が進み、フィラリア予防薬が登場したことによって、フィラリア症で命を落とす犬の数はどんどん減っていきました。

飼い主さんがフィラリア予防薬での予防をするようになるにつれて、その数はさらに減っていき、現在のようにフィラリア症にかかった犬の話をほとんど耳にしなくなるまでになりました。

 

今の日本で、フィラリア症の犬の話を聞かなくなったのは「飼い主さんが予防をしっかりするようになったから」といえます。

フィラリア症そのものが根絶されたわけではなく、飼い主さん1人1人が気をつけることによって、抑え込まれているだけにすぎません。

そのため、根絶されたから予防しなくてもいいと考えて、フィラリア予防薬を投与せずにいるとあっという間にフィラリア症にかかってしまう危険性があります。

愛犬にフィラリア症で苦しい思いをさせないようにするためにも、周囲の他の飼い主さんたちに迷惑をかけないようにするためにも、しっかりとフィラリア予防薬を投与して予防をしましょう。

 

通販のキウォフハートなどの予防薬を使わない方法は不確実

最近では、子供にあまり医薬品を使わずに子育てをしようとする方々が増えてきています。

ペット界隈でもそういった方は増えてきており、キウォフハートやカルドメックといったフィラリア予防薬を使わずにフィラリア予防をしようとする動きが広がってきています。

インターネットでも、ハーブや自然由来のものを使ってフィラリアを予防しようとする情報が紹介されており、実際にそのような方法を試している飼い主さんもいらっしゃると思います。

 

フィラリア予防薬は医薬品のため、投与すると愛犬の体にある程度の負担をかけてしまいます。

対する予防薬を使わない方法では、愛犬の体にあまり負担をかけない優しい方法になっています。

そのため、愛犬の体に優しそうに見えますが、こういった方法は効果が弱く確実にフィラリア症を予防するには難しい部分があります。

 

また、医薬品を使わない予防法のほとんどは、正確には原因となる寄生虫を遠ざける忌避法です。

フィラリア症の場合、蚊が愛犬の血を吸わないように遠ざけるだけのもので、フィラリア症そのものを確実に予防するわけではありません。

効果も途切れてしまいやすいので、飼い主さんが気付かない間に効果が途切れてしまい、愛犬が無防備な状態になってしまう可能性も考えられます。

愛犬を確実にフィラリア症から守るためにも、効果が不確実な方法ではなく、確実に予防できるとわかっている方法で予防するのが一番です。

 

フィラリア症にならないよう通販のキウォフハートで予防するのが大切

フィラリア症は、感染してもすぐに症状があらわれることはなく、少しずつ進行していく病気です。

体内に侵入したフィラリアの幼虫が成長していくごとに症状があらわれやすくなっていき、目に見える症状があらわれる頃にはすでにフィラリアが心臓に寄生してしまっています。

感染していることに非常に気付きにくい病気なので、最初からかからないように予防することが重要といわれています。

 

ペットの医学が発達した現在では、フィラリア症の治療法があるから、かかっても治療できるという意見もありますが、フィラリア症の治療は非常に難しいものです。

多くの場合は手術をして心臓からフィラリアの成虫を取り除くことになりますが、フィラリア症の手術ができる動物病院は限られています。

また、治療薬を使う方法も愛犬の体へかかる負担が非常に大きく、慎重に投与を行わなくてはなりません。

もちろん治療で必要になるお金も高く、時間もかかるので愛犬だけでなく飼い主さんへの負担も大きなものになってしまいます。

 

確かに、現在の日本ではフィラリア症の治療法が見つかっています。

しかし、その治療によって愛犬の体にかかる負担は大きく、飼い主さんへかかる金銭的な負担もかなり大きなものになります。

治療法があるから予防しなくてもいいということにはならないので、フィラリア予防薬でしっかりと予防を続けていくのが大切です。

 

通販のキウォフハートで忘れずに予防しよう

愛犬のイメージ犬や猫に投与する医薬品の開発と研究が進んだ今の日本にも、フィラリア症は変わらずに存在しています。

身の回りでフィラリア症にかかった犬の話を聞かないから、フィラリア症は根絶されていると考えてしまう飼い主さんもいますが、これは大きな間違いです。

フィラリア症は根絶されたわけではなく、予防薬の投与によって抑え込まれているだけです。

治療法があるから予防の必要がなくなったという意見もありますが、フィラリア症の治療は愛犬や飼い主さんへの負担が大きく、気軽に選択できるものではありません。

そのため、フィラリア症はキウォフハートやカルドメックなどの予防薬を使って、最初からかからないよう確実に予防するべきです。

今の日本でもフィラリア症の予防は必要であることをしっかりと頭に入れ、お得に利用できる通販を活用して愛犬のフィラリア予防を行いましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました